OZONE

オゾン療法とは

画像が入ります

ヨーロッパで生まれた療法

オゾン療法は、20世紀初頭にドイツで研究開発され、ドイツを中心としたヨーロッパで育まれた療法です。戦前日本でも多く用いられてきたようですが、昨今、新たに注目され、その研究と応用への取組みが進んでいます。
主に自家血液療法、注腸法、皮下注射法、経皮的療法などがありますが、動物医療分野においては、注腸法やオゾン水、オゾン化オイルなどによる経皮的療法が多く用いられているようです。オゾン療法の生理作用は、オゾンが体内に取り込まれることにより血液などと反応することによって発生する酸素や生成物などセカンドメッセンジャーによるものと研究されています。
全国でオゾン療法を取り入れられる動物病院が増えており、犬・猫などのペットへの取組みはもとより、牛や馬など産業動物の分野での普及も広がりを見せています。
動物医療分野におけるオゾン療法開始に当たっては、「日本医療・環境オゾン学会」のセミナー受講を原則としています。今後のセミナー開催の予定などについてもお気軽に弊社までお問合せ下さい。(「日本医療・環境オゾン学会」に所属しています。)

商品のご紹介

動画

動物の「オゾン療法」

-成城こばやし動物病院様制作-